2016年2月アーカイブ

母子手帳はやっぱり大切な宝物

結婚して3年目、不妊治療を始めてすぐ、見事に妊娠する事が出来ました。

妊娠が確定後、主治医の先生から「次の受診には、母子手帳を持ってきてね」と言われ、その足で健康福祉センターへ行く。

スタッフさんに母子手帳の依頼をしたところ、個室を案内され「おめでとうございます」と渡されたのが、初めての母子手帳です。

その瞬間、親になったんだと実感が湧く。ペラペラめくると、注意事項や健康状態の記入欄はもちろんだけど、出産時の記録や健診の記録欄も付いてる。

これは当たり前なんだけど、初期でお腹に宿っているとゆう意識があまりない中、これからどんどん大きくなり、成長していくんだと責任の重さを感じたのを、今でも鮮明に思い出せる。

他人から見れば、ただの母子手帳でしょうが、お腹の中の状態から、生まれて成長するまでの、すっごく貴重な過程を記す、大切なものになってます。

私はバッグに入れ、いつでもどこでも持ち歩き、幸せをめっちゃ満喫中。

喉へ流し込んだ

待ちに待ったお休みだ。早起きして愛車のロードバイクへ飛び乗る。ドリンクホルダに仕込んだ、冷たいミネラルウォーターには、ベジライフ酵素液を溶かし込んである。

長いツーリングの時少しずつ、汗と一緒に失われるビタミン類を補給するためだ。しばらく都会の道路を走る。

そんで、いつもと同じサイクリングロードに辿り着く。今日は、往復160Km。快調に飛ばしていく。以前は、体が重く寝ても覚めても、疲れが取れなかったものだ。

体重をダウンさせる目的で飲み始めてから、体調が驚くほど変わり、生活もずいぶんビビットに変化。

食生活に欠けていた栄養素が補われ、体の底から元気が湧き上がる。同時に夜の暴飲暴食が減った。

特にダイエットを心がけたわけではないが、生活が正しくなり、するするっと体重が落ちる。ほどなく目標体重3kg減に成功。

自転車道の沿道には野草が沢山生えている。ベジライフ酵素液に含まれる草も、生えているかしら?流れる景色を見ながら考え中。

行程半分のところで休憩を取り、ひんやりしたベジライフ酵素液を、喉に流し込んだ。細胞1個1個にしみわたるようで、思わず目を閉じ、気持ち良い風が吹き抜けていく。